主な特長

1983年の初代モデル誕生以来、タフネスを追求し進化を続け25年目を迎えたG-SHOCKから、記念限定モデル第3弾「マスターブルー」が登場します。
今回は、G-SHOCKのタフネスを追求し進化してきた、極限のシーンを想定したタフネスシリーズ「Master of G」シリーズでラインアップを構成しました。このGULFMANは、G-SHOCKの基本カラーであるブラックに、日本国内向けG-SHOCKにおいて初めてカラーバリエーションとして採用されたブルー(1991年 DW-6000CJ-2)を組み合わせました。メタルパーツ部のブルーIPをはじめ、液晶やG-SHOCKロゴなどポイントとしてブルーを使用し、クールで高級感を演出。バックには、25thシリーズ共通の記念刻印入りゴールドバックを採用。G-SHOCKの歴史における極限のタフネスへの挑戦と、カラーバリエーションの始まりを表現した25th記念モデルです。

仕様・機能

  • 耐衝撃構造(ショックレジスト)
  • 無機ガラス
  • 防錆構造(ラストレジスト)
  • 20気圧防水
  • ケース・ベゼル材質: 樹脂/チタン
  • 樹脂バンド
  • タフソーラー(ソーラー充電システム)
  • 電波受信機能:自動受信(最大6回/日)/手動受信、
    <日本>受信電波:JJY、周波数:40kHz/60kHz(福島/九州両局対応モデル)
    <北米地域>受信電波:WWVB、周波数:60kHz
    <ヨーロッパ地域>受信電波:MSF/DCF77、周波数:60kHz/77.5kHz
    *ホームタイム設定を受信可能な都市に設定すると、都市に合わせた局を受信します。尚、時差は選択した都市によって設定されます。
  • ワールドタイム:世界48都市(29タイムゾーン)の時刻表示、サマータイム設定機能付き
  • ストップウオッチ(1/100秒、1,000時間計、スプリット、オートスタート機能付き)
  • タイマー(セット単位:1分、最大セット:60分、1/10秒単位で計測)
  • 時刻アラーム5本(1本のみスヌーズ機能付き)・時報
  • バッテリーインジケーター表示
  • パワーセービング機能(暗所では一定時間が経過すると表示を消して節電します)
  • フルオートカレンダー
  • 12/24時間制表示切替
  • 操作音ON/OFF切替機能
  • ELバックライト(フルオートELライト、残照機能付き)
  • フル充電時からソーラー発電無しの状態での駆動時間
    機能使用の場合:約8ヵ月
    パワーセービング状態の場合:約24ヵ月
    ホームタイム都市(受信機能対応都市) / 受信電波
    東京、ソウル、台北 、(北京)、(香港)  / 日本の標準電波 JJY40・JJY60
    (ホノルル)、(アンカレジ)、バンクーバー、ロサンゼルス、エドモントン、デンバー、メキシコシティ、ウィニペグ、シカゴ、マイアミ、トロント、ニューヨーク、ハリファックス、セントジョンズ  / アメリカの標準電波 WWVB
    リスボン、ロンドン、マドリード、パリ、ローマ、ベルリン、ストックホルム、アテネ、(モスクワ) / イギリスの標準電波 MSF・ドイツの標準電波 DCF77
    ※( )内の各都市は条件が良ければ受信する場合もあります。
    *電波受信が行われない場合は、通常のクオーツ精度(平均月差±15秒)で動作します。
  • EL:ブルーグリーン

サイズ・質量

  • ケースサイズ (H×W×D): 51×46×16.4mm
  • 質量: 57g