主な特長

1983年の誕生以来、常に進化を続けているG-SHOCKの中でも、その遺伝子を色濃く受け継いでいる5600モデルに、電波受信機能、タフソーラーを搭載したThe G。
DW-5000に始まりDW-5600、G-5600と脈々と受け継がれている、そのスクエアデザインを継承。アンテナやソーラーセルなど内部パーツの進化が、形状をそのままに電波受信機能・タフソーラーの搭載を可能にしました。また、外装の進化として、上質さと強度を両立させる鍛造バックを採用し、5600の文字を刻印。誕生から20余年、G-SHOCKのアイデンティティを受け継ぎつつ、進化を遂げたG-SHOCKです。

仕様・機能

  • 耐衝撃構造(ショックレジスト)
  • 無機ガラス
  • 20気圧防水
  • ケース・ベゼル材質: 樹脂
  • 樹脂バンド
  • タフソーラー(ソーラー充電システム)
  • 電波受信機能:自動受信(最大6回/日)/手動受信、
    <日本>受信電波:JJY、周波数:40kHz/60kHz(福島/九州両局対応モデル)
    <北米地域>受信電波:WWVB、周波数:60kHz
    *ホームタイム設定を受信可能な都市に設定すると、都市に合わせた局を受信します。尚、時差は選択した都市によって設定されます。
  • ワールドタイム:世界30都市(29タイムゾーン)の時刻表示、サマータイム設定機能付き
  • ストップウオッチ(1/100秒、24時間計、スプリット付き)
  • タイマー(セット単位:1分、最大セット:60分、1/10秒単位で計測)
  • 時刻アラーム5本(1本のみスヌーズ機能付き)・時報
  • バッテリーインジケーター表示
  • パワーセービング機能(暗所では一定時間が経過すると表示を消して節電します)
  • フルオートカレンダー
  • 12/24時間制表示切替
  • ELバックライト(フルオートELライト、残照機能付き)
  • フル充電時からソーラー発電無しの状態での駆動時間
    機能使用の場合:約8ヵ月
    パワーセービング状態の場合:約25ヵ月
    *電波受信が行われない場合は、通常のクオーツ精度(平均月差±15秒)で動作します。
    ホームタイム都市(受信機能対応都市) / 受信電波
    東京、ソウル、(香港) / 日本の標準電波 JJY40・JJY60
    (ホノルル)、(アンカレジ)、ロサンゼルス、デンバー、シカゴ、ニューヨーク / アメリカの標準電波 WWVB
    ※( )内の各都市は条件が良ければ受信する場合もあります。
  • EL:ブルーグリーン

サイズ・質量

  • ケースサイズ (H×W×D): 50.2×43×13.4mm
  • 質量: 55.4g