主な特長

G-SHOCKとBaby-Gは1994年の「国際イルカ・クジラ会議」を皮切りに、2003年は第3回イルカ・クジラ・ヒューマン募金助成事業「国際イルカ・クジラ・エコリサーチ・ネットワーク」プロジェクトをサポート、第9弾となるオフィシャルモデルを発売しました。
2003年はイルカ・クジラ初のメタルテイストのモデルやビビッドな赤を採用したカラーリングが斬新な印象です。それぞれ豪快にブリーチングするクジラや愛らしいイルカのシルエットが、ELバックライトやバンド、遊環などにデザインされています。また、全てのモデルの裏蓋にはアイサーチ・ジャパンのロゴマークが、バンドには「ALL AS ONE(つながりの中で生きる)」のメッセージが施されています。

AURORAペアモデル
G-SHOCK The G: GW-300KJ-7JR
Baby-G : BGX-220K-2JR
オーロラ色に輝くボディが神秘的なタフソーラーペア。美しい白イルカが生息する北極海周辺では、太陽が織り成す光の現象、オーロラが見られます。

※G-SHOCK/Baby-Gは「イルカ・クジラモデル」の売上を通して、アイサーチ・ジャパンのメッセージをより多くの人々に伝えるための支援をしており、その売上げの一部をアイサーチ・ジャパンに寄付しています。

仕様・機能

  • 耐衝撃構造(ショックレジスト)
  • 無機ガラス
  • 20気圧防水
  • ケース・ベゼル材質: 樹脂/ステンレススチール
  • 樹脂バンド
  • タフソーラー(ソーラー充電システム)
  • 電波受信機能:自動受信(最大4回/日)/手動受信、
    <日本>受信電波:JJY、周波数:40kHz/60kHz(福島/九州両局対応モデル)
    <北米地域>受信電波:WWVB、周波数:60kHz
    *ホームタイム設定を受信可能な都市に設定すると、都市に合わせた局を受信します。尚、時差は選択した都市によって設定されます。
  • ワールドタイム:世界30都市(29タイムゾーン)の時刻表示、サマータイム設定機能付き
  • タイムスタンプ:表示されている日時(月・日・時・分・秒、サマータイム設定状況)を30本メモリー
  • ストップウオッチ(1/100秒、24時間計、スプリット付き)
  • 時刻アラーム5本(1本のみスヌーズ機能付き)・時報
  • バッテリーインジケーター表示
  • パワーセービング機能(暗所では一定時間が経過すると表示を消し、自動受信も停止して節電します)
  • フルオートカレンダー
  • 12/24時間制表示切替
  • ELバックライト(フルオートELライト、残照機能付き)
  • フル充電時からソーラー発電無しの状態での駆動時間
    機能使用の場合:約6ヵ月
    パワーセービング状態の場合:約21ヵ月
    *電波受信が行われない場合は、通常のクオーツ精度(平均月差±15秒)で動作します。
    ホームタイム都市(受信機能対応都市) / 受信電波
    東京、ソウル、(香港) / 日本の標準電波 JJY40・JJY60
    (ホノルル)、(アンカレジ)、ロサンゼルス、デンバー、シカゴ、ニューヨーク / アメリカの標準電波 WWVB
    ※( )内の各都市は条件が良ければ受信する場合もあります。
  • EL:ブルーグリーン

サイズ・質量

  • ケースサイズ (H×W×D): 57.4×44.5×16.9mm
  • 質量: 68.6g