主な特長

Simple、Smart、Sophisticatedをコンセプトに、洗練のデザインと上質さを追求した「GIEZ(ジーズ)」から、ブラックを基調にしたNewカラーが登場。 時計の信頼性を向上するアナログ電波ソーラームーブメント「タフムーブメント」を搭載した、シンプルな3針ムーブメントを採用。ケースやバンドパーツのメタル部にブラックIPを施し、G-SHOCKロゴなどもブラックに統一。G-SHOCKらしい堅牢な雰囲気に仕上げました。また、立体感のあるモノトーン調の文字板やケースに施した美しい磨き分けにより、洗練された上質なデザインに仕上がっています。 ・世界6局(日本2局、中国、アメリカ、ドイツ、イギリス)の標準電波を受信し、時刻を修正するマルチバンド6 ・針位置自動補正機能 ・耐衝撃構造 ・タフソーラー

仕様・機能

  • 無機ガラス
  • ネオブライト
  • スクリューバック(二体構造)
  • 耐衝撃構造(ショックレジスト)
  • ブラックIP(イオンプレーティング)
  • 20気圧防水
  • ケース・ベゼル材質: ステンレススチール/樹脂
  • 樹脂バンド
  • タフソーラー(ソーラー充電システム)
  • 電波受信機能:自動受信(最大6回/日)/手動受信、
    <日本> 受信電波:JJY、周波数:40kHz/60kHz(福島/九州両局対応モデル)
    <北米地域> 受信電波:WWVB、周波数:60kHz
    <ヨーロッパ地域>受信電波:MSF/DCF77、周波数:60kHz/77.5kHz
    <中国> 受信電波:BPC、周波数:68.5kHz
    *ホームタイム設定を受信可能なタイムゾーンに設定すると、タイムゾーンにあわせた局を受信します。尚、時差は選択したタイムゾーンによって設定されます。
  • 針位置自動補正機能
  • タイムゾーン設定機能
  • バッテリー充電警告機能
  • パワーセービング機能(暗所では一定時間が経過すると運針を停止して節電します)
  • 日付表示
  • フルオートカレンダー
  • フル充電時からソーラー発電無しの状態での駆動時間
    機能使用の場合:約6ヵ月
    パワーセービング状態の場合:約23ヵ月

    ホームタイムのタイムゾーン (受信機能対応タイムゾーン)/受信電波
    UTC +9 /日本の標準電波 JJY40・JJY60
    UTC -8、UTC -7、UTC -6、UTC -5 /アメリカの標準電波 WWVB
    UTC  0、UTC +1、UTC +2   /イギリスの標準電波 MSF・ドイツの標準電波 DCF77
    UTC +8 /中国の標準電波 BPC
    ※電波受信が行なわれない場合は、通常のクオーツ精度(平均月差±15秒)で動作します。

サイズ・質量

  • ケースサイズ (H×W×D): 49.6×46×14.1mm
  • 質量: 87g