おすすめの製品

主な特長

1983年の誕生以来、タフネスを追求し進化を続けるG-SHOCKから福をもたらす神様がテーマのスペシャルモデル「七福神 SHICHI-FUKU-JIN」シリーズが登場。

全7モデルの第4弾「毘沙門天モデル」は3つ目インジケーターが特徴の定番デジタルモデルDW-6900がベースとなり、半透明のクリアなダークグレーを基調としたカラーリングにローズゴールドをアクセントカラーとし、遊環に毘沙門天が持つ「宝物箱」、バンド部に「鬼瓦」をプリント、縁起の良いデザインにまとめました。またELバックライトを点灯させるとG-SHOCKの4番目の文字である「H」が浮かびあがり、七福神7モデル全て集めると「G-SHOCK」の文字が完成します。
中空ケースを用いた耐衝撃構造を基本構造に、よりタフに、より実用的に、更には幸運も呼び込むといわれている神様がテーマのG-SHOCKの登場です。

【七福神の由来】
七福神は土着の信仰と仏教信仰を折衷して一つの信仰体系として再構成された日本的な信仰対象で、恵比寿(恵比須・夷)、布袋、弁財天(弁才天)、毘沙門天、大黒天、寿老人、福禄寿の七体の神の総称です。それぞれがヒンズー教、仏教、道教、神道など様々な背景を持っており、『仁王経』(『仁王護国般若波羅蜜多経』)に説かれる「七難即滅、七福即生」の一節注に基づいて、七福神を参拝すると七つの災難が除かれ七つの幸福を授かるといわれています。この信仰は室町時代の末期のころより生じ、江戸時代には庶民の間で盛んに信仰され、現代まで伝えられているのです。
注:「七難即滅 七福即生」は、「あまたの災難はたちまち消滅し、多くの福徳に転ずる」という転禍為福の考え。ここから七福神への信仰が生じたとされる。世の中の七つの大難(太陽や月の異変、星の異変、風害、水害、火災、旱害、盗難)はたちどころに消滅し、七つの福(寿命、有福、人望、清簾、威光、愛敬、大量)が生まれるということで、即ち「難を滅ぼし福を呼ぶ」という意味である。

【毘沙門天とは】
七福神の中で唯一、武将の姿である毘沙門天。もとはインドの北方を守る神とされ、仏法を守護する四天王の一神であり、説法を多く聞くことから「多聞天」とも呼ばれています。右手に宝棒、左手に宝塔を持ち、財宝富貴を司る神として道俗を問わず信仰を集めています。

仕様・機能

  • 無機ガラス
  • 耐衝撃構造(ショックレジスト)
  • 20気圧防水
  • ケース・ベゼル材質: 樹脂
  • 樹脂バンド
  • ストップウオッチ(1/100秒(00'00"00~59'59"99)/1秒(1:00'00"~23:59'59")、24時間計、スプリット付き)
  • タイマー(セット単位:1秒、最大セット:24時間、1秒単位で計測、オートリピート)
  • マルチアラーム・時報
  • フルオートカレンダー
  • 12/24時間制表示切替
  • ELバックライト(残照機能付き)
  • 報音フラッシュ機能(アラーム/時報/タイマー連動発光)
  • 精度:平均月差±15秒
  • 電池寿命:約2年
  • EL:ブルーグリーン

サイズ・質量

  • ケースサイズ (H×W×D): 53.2×50×16.3mm
  • 質量: 67g